イベント提供厳選珈琲豆を本日焼き真空パックに

今回、日本を代表するコーヒープロバイダー(生豆輸入・焙煎提供元)である珈琲問屋・横浜から、cafeinfoが選んだのは、初登場の高級豆「マンデリンG1」です。この豆を、本日18日、オーダーロースト。焙煎の深さ(焼き加減)は、cafeinfo推奨のフレンチでの提供です。本日横浜にて焼いていただいた豆は、cafeinfo本部に輸送してすぐに、豆のままの1ヶ月以内短期保存に最適な小分け真空パックを行います。
この豆が、21日の体験イベントのその場で、真空パックから開封され、焼きたての新鮮さのまま、やや粗めに手挽き、すぐにドリップされ、皆さまに最高のひとときを提供してくれます。


写真は、マンデリンの故郷スマトラ独特の珈琲豆の乾燥方法など、珈琲問屋による、マンデリンに関連する情報紹介の抜粋です。

マンデリンは、cafeinfo方式のドリップで現在最もお勧めする4種類の絶品銘柄(モカハラー、コスタリカ、マンデリン、ガテマラSHB)のひとつです。

今回、イベント参加者の皆さま限定で、この当日使用豆を、珈琲問屋の販売価格のまま、特別提供いたします。家でこんなにおいしい珈琲が!という体験そのものを、お持ち帰りいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です